Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

包茎治療体験談

私が包茎治療をしたのは18歳になってからです、友人の中でちゃんと剝けている人とそうではない男子と完璧に別れてきて、合宿などで恥ずかしい気持ちがあったためです。
最初はリングのような器具で剝けた状態を維持しながら、癖をつけていくというイメージでしたが、つけ始めた頃は、亀頭がいつも皮の中に入っていた状態から露出させたために非常に痛かったと思います。
その器具のおかげで亀頭そのものがかなりの時間露出できたいたので、亀頭が過敏で少し触っただけで痛いような症状は治まりました。
数年たって彼女が出来て経験を積む事で、常に剥けていないと恥ずかしいという気持ちや、彼女とお風呂に一緒に入ったときに、「え?どうして剝けてないの」とか、言われた時は恥ずかしさを超えてショックでしたので、思い切って、美容整形外科で手術をしました。
手術は麻酔が少し痛かった程度で、短時間でおわり3週間程度で、彼女とベットインすることも可能になり、コンプレックスなくその後過ごせています。
これが私の包茎治療談となりますが、もしも、包茎であることをコンプレックスに感じている方がいたら躊躇することなく手術を受ける事をおすすめいたします。