Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

あっと言う間の包茎治療

包茎治療をするうえで、手術を選択しました。
あらかじめネットで仕入れた知識では、完治するまでに4週間ほどかかる等とあったので、長期入院などが必要になれば、職場の人に、自分が包茎であることがバレるのではと不安になりました。
しかし、実際に選んだクリニックでは、手術は日帰りで可能でした。
これなら気づかれずに済みます。
仮性包茎20分、カントン包茎25分、真性包茎でも30分で終了するという驚きの早さでした。
手術後の入院はもちろん不要で、3日間は、入浴やシャワーが禁止されます。
4日目からは患部を濡らさないようにシャワーが浴びられ、1週間経つと、全身のシャワーが可能になり、8日目には入浴が可能になります。
激しい運動やスポーツは1週間禁止され、特に4日間は、バイクや自転車など患部が直接刺激される動きはしないようにします。
それ以外は、普段通りの生活や仕事を行うことも特に制限されません。
マスターベーションや性交等は、約1か月後からということなので、完全に通常の生活に戻れるのは、確かに4週間必要かもしれません。
しかし、僕は、大事をとって、1週間の余裕を持とうと、夏休みの1週間を、包茎治療に充てました。
夏休み後は、普通に仕事していたので、誰にも気づかれず、良かったと思います。