Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

若い時にしておくべきだと思います

包茎治療は若い時にしておくべきだと思います。
そう感じる出来事を経験しました。
私の父が体が悪くなりしばらくの間寝たきりの状態になりました。
その時に何度か膀胱炎になったりしました。
その膀胱炎なのですが非常にしつこくて薬で治療はできるのですがすぐに再発してしまったのです。
何度も膀胱炎の治療で通院していました。
それで医師からも言われたのですがペニスを不潔にしていることが膀胱炎の原因になったりもするそうです。
実は私の父なんですがペニスを見てみると包茎でした。
ただし皮の部分を手で引っ張ってやるとすぐに亀頭が出ました。
ですからいわゆる仮性包茎という状態だったのかもしれません。
それで医師に相談したりして暫くの間手術をするかどうか迷っていた時期がありました。
聞いた話では、世界各国には男の子は子供の時にペニスの皮を切ってしまうという習慣がある地域がたくさんあるそうです。
私はなぜ強制的に包茎の治療をしてしまうのだろうと不思議に思っていました。
でも上記のような父に関する体験からその理由が分かったような気がします。
病気などで動けなくなり介護をしてもらう必要が出た場合に包茎だと不都合だからではないでしょうか。
特に昔は男性は戦争に行かなくてはなりませんでしたから。
戦地で負傷した場合に余計な病気にかかってしまうリスクを下げるためなのでしょう。
そう連想しました。
子供の時が良いのかどうかは分かりませんが老いる前に包茎治療はしておくべきだと思います。