Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

包茎治療を受けるメリットについて

私は、昨年包茎治療を受けました。
もっと前から自分が包茎であるという自覚はもちろんあったのですが、放置していました。
重症ではなく治療が必須ではなかったことと、手術を受けることに対する恐怖心がどうしてもぬぐうことができなかったことがその要因でした。
しかし、いろんな雑誌などを見ていると、包茎であることが異性に対して与える印象が大変悪いということを知るようになりました。
不潔感が強く、性交に臨みたくなくなるという声が意外に多いらしく、このままではいけないと思いなおすようになり、治療を受けることを決意しました。
インターネットで評判のよい専門医院を探し、早速相談に行きました。
そこで教えられたことに私は衝撃を受けました。
切除をすることなく治療をすることができるというのです。
私が治療を思いとどまっていた理由として、切除を伴う手術が怖いというものがあったので、切除無く治療できるならこれに越したことはありません。
余った包皮を、人工的にたわませることで亀頭を露出するという手法で、二重瞼を作るのと要領は同じだということでした。
私は迷わずこちらの手法を選択しました。
ほとんど痛みを感じることなく手術は終わり、大変きれいな仕上がりにしてくれました。
包茎治療を終えてからというもの、風呂場などで裸になる機会でもこれまではコンプレックスを感じていましたが、堂々とふるまえるようになりました。
治療を受けて本当に良かったと振り返ります。