Site menu:

包茎治療を考える

カテゴリー

サイトマップ

パートナーのことを考えるなら包茎治療を

私の甥も実は包茎なのですが、自分はそれほど重大なこととは考えていないようです。
友だちや同僚にからかわれても、いつもどおりにイジられているとしか考えていないようです。
私や姉が、そんなことでは彼女もできないと言っても、それほど真剣に取り合ってくれません。
日本の男性の半数以上は、仮性包茎だそうですから、少しばかりのことなら放っておいてもいいのかもしれませんが、考えてみれば分かることですが、皮と亀頭の間に、老廃物というんですか、自分の皮膚や汚れなどが溜まってしまいます。
それが、清潔な状態であるとはどう考えても言えません。
日本女性に子宮がんが多くなっていますが、子宮けいがんはヒトパピローマウイルスの感染によって起こります。
ヒトパピローマウイルスは、人間の体に普通にいるものですが、性交渉などにより子宮に付着してしまうのだそうです。
包茎の場合、その危険性が高いことが考えられます。
パートナーとなる女性にしてみたら、「包茎の男性をみると引いてしまう」と答えたとしても無理もないことです。
真剣にパートナーのことを考えるのなら、包茎治療を考えるべきだと思います。
また、女性と付き合いたいと考えるのなら、包茎を何とかするべきです。
未婚女性を対象にしたあるアンケートでは、半数近くが「包茎の男性をみると引いてしまう」「理解するように努める」と回答したそうです。
私の同僚で、初めてラブホテルに行き、その時彼が包茎だとわかり、翌日、病院に嫌がる彼を引きずっていったという豪の者もいるくらいです。
「理解するように努める」と答えているとしても、本音としては何とかしてほしいと思っているのは明らかです。
男性としては、女性から、包茎だと指摘される前に、包茎治療をすることで、自分自身にも自信を持つことができると思います。
コンプレックスがあると、何事も引っ込み思案になってしまうこともよくあります。
包茎治療をして、自分に自信が持てるようになり、パートナーのためにもなる、それが包茎治療のメリットだと思います。